So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

アマサギ [ペリカン目サギ科]

飴鷺。Bubulcus ibis
 亜麻色の長い首を風が優しく包む、というわけではなく、繁殖羽には、亜麻色よりもはるかに濃い黄橙色、飴色がかるので、飴鷺が語源だそうな。
 夏になるとやってくるサギで、河川よりも農地が好きなようで、田起こしをやってる田んぼでトラクターの後をついて回ってる。なぜかトラクターから人が降りると逃げ出す。
 田植え前の田んぼで、餌を探している。繁殖羽と非繁殖羽の2羽。繁殖期には眼が赤くなる。
088_1090514.jpg
2009年5月14日、滋賀県長浜市。

 田植えの終わった田んぼにもいる。
088_2100516.jpg
2010年5月16日、滋賀県長浜市。

 まだ田んぼに水の入ってない時期に、池というか湿地にいた個体。もう飴色になってる。
088_4170418.jpg
2017年4月18日、京都市北区。

 川にもいないことはない。南への帰りがけか、白くなったのが普段は見ない川の中にいた。
088_3151007.jpg
2015年10月7日、京都市左京区。

トラツグミ [スズメ目ヒタキ科]

虎鶫。Zoothera dauma
 その昔は「鵺」と言った、ところが源三位頼政が退治したという怪物が、は平家物語によれば、「これをご覧じ見給ふに、頭は猿、躯は狸、尾はくちなば、手足は虎の如くにて、鳴く声こぬえにぞ似たりける。」だそうなので、声が「ぬえ」に似ているだけで「ぬえ」ではなかったのに、「鵺のような声を出す怪物」の方が「鵺」と思われるようになってしまった。
 冬には市街地の公園をはじめ、そこらでよく見るのだが、夏は見ない。近くの山地にもいて、鳴き声も聞くのだが見たことはない。
165_1080214.jpg
2008年2月14日、京都市左京区。

 こちらは市街地の公園。「鵺のような声を出す怪物」が現れた場所ではないのだが、その機能を14世紀に引き継いだ場所で、今は冬には鵺が越冬している。
 餌のミミズを探すのに、踊るような仕草をする。
165_4170207.jpg
2017年2月7日、京都市上京区。

 ミミズを引っ張り出してる。
165_2170202.jpg
2017年2月2日、京都市上京区。

 公園で人通りが多いんで、ちょいちょい樹上に避難する。
165_3170203.jpg
2017年2月3日、京都市上京区。

ビンズイ [スズメ目セキレイ科]

便追。Anthus hodgsoni
 冬になるとそこらの公園でウロウロしているので、ごく普通にいると思っていたが、あまり見られない地域もあるようで、熱心に追いかけてる旅行者も見かける。
 市街地の公園。人通りがあると樹の上に待避。でも松林が好きなので、紅葉にも松葉が。
073_1071214.jpg
2007年12月14日、京都市上京区。

 基本は地べたをウロウロしてる。
073_2091222.jpg
2009年12月22日、京都市上京区。

 こちらは里山の公園。
073_4170207.jpg
2017年2月7日、京都市左京区。

 琵琶湖の湖畔林や大阪の公園でも見かける。
073_3110126.jpg
2011年1月26日、大阪府豊中市。

ウソ(亜種アカウソ) [スズメ目アトリ科]

赤鷽。Pyrrhula pyrrhula rosacea
 近所では、ウソは冬にしか見られないが、ウソをよく見るシーズンには、亜種ウソよりも見る機会が多いように思う。♂のアカウソは腹で見当付けて雨覆いを確認するのだが、♀の場合、亜種ウソも褐色がかっており、雨覆いも明確じゃないことが多く、どこからがアカウソの範疇なのかわからない。特に樹上にいることが多く、撮っても色の再現性がモヒトツなんで、なおさら。

 この日は出かけた先で、1時間に1本のディゼルカーで帰ろうとしたら、駅の桜の樹に数羽が集ってた。車内放送で、やたら運休情報が流れてた。結局、その夜に泊まった友人宅で、地震やら津波があったことを聞いて、ウソやと思ったけど、ネットを見たらホンマやった。
147_1110311.jpg
2011年3月11日、三重県亀山市。

 ここは林道沿いのタニウツギの実をよく食べてるので、あまり見上げなくていいのだけど、タイミングがあわない。
147_2121124.jpg
2012年11月24日、滋賀県高島市。

 コムラサキの実を食べてた団体さん。
147_3121205.jpg
2012年12月5日、京都市左京区。

 4月1日にウソを撮るというのをやってみたかったけど、ちょうど移動の時期なんど、一度しか遭遇したことはない。
147_4130401.jpg
2013年4月1日、京都市左京区。

キバシリ [スズメ目キバシリ科]

木走。Certhia familiaris
 お山の林の中で、木の幹をせかせかと登って行って、しばらくすると数メートル離れた木に下の方に飛び移って、を繰り返している。
 滋賀県で県の施設内で営巣しているペアがおり、ちょうど休憩所から見える所で、かなりの見物人を集めていた。こちらは、餌を探しに離れたとこに来たのと遭遇。
047_1090410.jpg
047_2090410.jpg
2009年4月10日、滋賀県高島市

 ここ数年、市街地近郊の里山でも見かけるようになった。夏鳥を見に上がった山麓の樹林にいた。
047_3090804.jpg
2009年8月4日、京都市左京区。

 こちらはかなり人家に近い人工林。
047_4170203.jpg
2017年2月3日、京都市左京区。

ルリビタキ [スズメ目ヒタキ科]

瑠璃鶲。Tarsiger cyanurus
 冬になるとそこらの山麓や寺社林、市街地の公園に現れ、どこのが青色が鮮やかか見て回る。
 近所の公園、といっても市街地ではなく山麓の公園で、モリアオガエルも産卵に来る池の周辺にいた個体。毎年、来ていたのだが、2010年の冬からは見られない。どうも野良猫が増えたからのようで、餌をやる馬鹿だけでなく、野良猫用シェルターのつもりか、段ボール箱をゴミ用のビニール袋で包んだものにさらにシートを被せたものを置いている馬鹿婆もいる。
042_1080217.jpg
2008年2月17日、京都市左京区。

 お山というか、同じ山にいたのだが、眉が短い。7年たってるんで同じ個体のはずはないのだが。
042_2100219.jpg
2010年2月19日、京都市左京区。
042_4161126.jpg
2016年11月26日、京都市左京区。

 同じお山の青くないの。
042_3140201.jpg
2014年2月1日、京都市左京区。

ヨシガモ [カモ目カモ科]

葦鴨。カモ目カモ科。
 普通に淡水にいるカモだけど、うじゃうじゃというほどはいないし、頭部の構造色や飾り羽根が派手すぎずに綺麗なので、いるとつい撮ってしまう。
 河口部ではあまり見ないのだが、たまたまいた。
107_1100222.jpg
2010年2月22日、三重県津市。

 ハイイロチュウヒの出待ち中に、ちょいちょい飛んでた。
107_2100311.jpg
2010年3月11日、滋賀県近江八幡市。

 同じ所だけど、もちろん泳いでるのもいた。
107_3100317.jpg
2010年3月17日、滋賀県近江八幡市。

 トンボを見に行く池。アイガモかマガモかわからんようなのとか、カルガモ、ホシハジロが多数の時が多いのだけど、ここにはヨシガモの団体さんが似合うと思う。
107_4161210.jpg
2016年12月10日、京都市北区。

センダイムシクイ [スズメ目ムシクイ科]

先代虫喰。Phylloscopus coronatus
 ウグイス科、特にムシクイの類は見分けにくい。その中でセンダイムシクイは数が多いことと、頭央線があることで比較的わかりいい。
 さて、センダイムシクイのセンダイは漢字で書くとどうなんだろ。センダイというのは、その鳴き声が、チヨチヨと聞こえるから「千代」だとか、「鶴千代君」と聞こえるから「伽羅先代萩」に由来するとか。後者の方が面白そうだけど、この「先代」は「仙台」から来てるわけだし、センダイハギならともかく、センダイと略すのなら「仙台」でも良さそうな気がする。
 樹上によくいるが、識別ポイントが頭のてっぺんということで、樹上にいるより、水飲み等で地上近くにいる方がわかりやすい。
111_1090909.jpg
2009年9月9日、京都市左京区。

 これは地上で枯葉をくわえてた。巣材だろうか。
111_2100501.jpg
2010年5月1日、京都市左京区。

 笹藪の中でウロウロしてたのでウグイスかと思ったが、出てきたら違った。
111_3130522.jpg
2013年5月22日、京都市左京区。

 同じ場所の笹藪
111_4160430.jpg
2013年5月22日、京都市左京区。

ホトトギス [カッコウ目カッコウ科]

杜鵑。Cuculus poliocephalus
 ホトトギスもよく見るわりには撮れない鳥だった。近所では4月頃にはツツドリの声を聞くが、その後はよく聞くのは専らホトトギス。サンコウチョウを見てたりすると、すぐ近くで鳴いてるのを聞くことが多いし、樹木の茂みの中で動いてるのも見る。
 そこらにフツーにいる鳥ということで、そのうち見えるとこで鳴いてるのにも遭遇するだろ、と思うので、何とか撮ろうともしなかったということもある。
 結局、撮ったのは秋の渡りの時期。この時期には鳴かないし「鳴かぬなら、ツツドリかもしらん、ホトトギス」なんで、ホトトギスだろう、ということになるが。
 見る時はだいたい葉っぱやゴシャゴシャの向こう。この時は、いつもツツドリが来る桜林に、ツツドリがいなくなってから現れたし、何者かわかる程度には見えていた。
261_1140929.jpg
2014年9月29日、京都市左京区。

 同じ場所だけど、この時はお食事後に近くの樹に留まったので見えてる。
261_4160831.jpg
2016年8月31日、京都市左京区。
 こちらは市街地の公園、やはり秋の渡りの際だが、珍しくも全身が見えた個体。
261_2150827.jpg
261_3150827.jpg
2015年8月27日、京都市上京区。

クマタカ [タカ目タカ科]

角鷹。Nisaetus nipalensis
 メインのブログでは「クマタカ」という記述はない。休止中ではあるが知人のブログのリンク欄にあったオッサンのブログをたまたま見たら、クマタカの営巣地をピンポイントで探索云々という記述があったのを見かけた、どうもクマタカには偏執的なマニアがいるようだ。クマタカの営巣地域自体は林道やダム建設前のアセスメントとかで、けっこう公表されているし、簡単にわかる。その結果次第じゃ、工事等が中止される。なのに、オッサンが暇潰しにウロウロしてるのを公言するって何なんだろう。そういうわけで「クマタカ」で検索されないよう、記述してない。

 そのクマタカは、別に探さなくても、山道を歩いていると、ちょいちょい、いてはる。上を飛んでることが多いが、道路から見える林の中を縫って、何やら大きなのが飛んでるということもある。途中で留まったりすると樹の隙間から見える。
113_1101006.jpg
2010年10月6日、京都市左京区。

 山腹に留まってるのを見かけることもあるが、いくらモノが大きくても、遠いんで目立たない。
113_3131105.jpg
2013年11月5日、京都市左京区。

 最もよく見かけるのは、遠くても上空を飛んでる時。谷沿いの道を歩いていたら、尾根越に現れたりすると、けっこう低い場合もあるのだが、あわてて撮るんで、ちゃんと撮れないというパターンが多い。
113_2130408.jpg
2013年4月8日、京都市左京区。

 3年後のまったく同じ場所だけど、こっちは幼鳥。上ののお子様か。
113_4160415.jpg
2016年4月15日、京都市左京区。
前の10件 | -